「MOZU超絶精密ジオラマワーク」

たった一日で4万リツイート、5万いいねを獲得し、

テレビ、ツイッター、雑誌で大注目のジオラマアニメーター・MOZUの第一弾作品集。

 

すさまじい作り込みで、狂気を感じるほどリアリティを追求したその作品は、アードマン・アニメーションズ(『ひつじのショーン』などの制作会社)のスタッフから「クレイジー」と称賛?されたというほどのもの。

 

彼の新作を含め、これまでに制作したジオラマ作品やコマ撮りアニメーション作品を紹介するとともに、制作方法や制作現場、道具、アイデアノートなども掲載し、各界から天才少年と呼ばれるMOZUを徹底解剖する。

 

クレイアニメ「ニャッキ」の作家である伊藤有壱氏との特別対談も収録。

「MOZUトリックラクガキアート集」

Twitterで“26万いいね"の支持を集めた、MOZUのだまし絵作品集

超絶精密なジオラマ作品や、コマ撮りアニメーションでテレビやツイッター、新聞、雑誌などで注目を浴び続けているMOZUの著書第二弾。

今回は中学生のころから制作を続けているトリックラクガキ作品をまとめています。

ノートに描かれた絵が、ある角度からみると立体的にみえたり、浮かんでみえたり、凹んでみえたり。

Twitterで大騒ぎとなった三角定規の作品も含め、思わず二度見してしまう、だまし絵55点を収録。

 

そのユニークな発想と確かな技術による作品群は、なんど眺めても新鮮で楽しめます。